株情報サイト|日本最大の株情報メディアサイト

日本最大級の株情報専門メディアサイト

日本最大の株情報サイトのWeb版。最新の銘柄情報からニュースを配信。株の初心者からデイトレーダーまで株投資での可能性を最大限に発揮したコンテンツを配信。海外のヘッジファンドや投機筋の情報もリアルタイムで配信中

■2435 シダー
現在値 222円 (2015.05.01)

売買単位:100株
投資戦略:買い推奨
目標株価:270円
ロスカットライン:198円


2月下旬に介護関連銘柄の一角として物色され、同27日には年初来高値
となる286円をつけましたが、同社はTPP関連銘柄としても注目されてい
ます。

続きを読む

■5216 倉元製作所
現在値 867円 (2015.04.23)

投資戦略:買い推奨
推奨時の株価:635円
推奨時からの上昇率:+36.54%

 

今月22日に有料会員向けに買い推奨した倉元製作所(5216)が推奨からたった一日で目標株価を達成しました。推奨時からの上昇率は+36.54%を記録しています。
 
22日売買分より増担保規制が解除されることから、大幅調整からのリバウンドを狙って買い推奨したところ、見事大幅上昇となりました。
 
日本経済新聞で有機薄膜太陽電池発電開始の記事も掲載されるなど、引き続き関連銘柄として同社にも資金が入ってくることが期待されます。
 
ホルダーの方、おめでとうございます!!

■4452 花王
現在値 6084円 (2015.04.23)

売買単位:100株
投資戦略:買い推奨
目標株価:7000円
ロスカットライン:5200円

 

23日引け後に決算を発表、2015年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比39.2%減の249億円に落ち込み、上期計画の520億円に対する進捗率は48.1%にとどまり、さらに前年同期の51.7%も下回りました。
 
この数字だけ見るとややネガティブな印象を受けますが、しかしこれは消費税引き上げ前の駆け込み需要による反動減があったことが原因で、アジアの売り上げはコンシューマープロダクツ事業で前年同期比23%増となるなど好調です。
 
チャートを見ると、今月8日に年初来高値となる6270円をつけてから、達成感から利食いを伴う売りが出て小幅に調整しましたが、20日から切り返しを見せ、再び25日移動平均線を上抜けています。
 
また同社は26期連続で増配するなど、株主還元に前向きな企業として有名です。もし今回の決算を受けて大きく下げるようなことがあれば、突っ込み買いを狙っても良い場面だと思います。

 

 

※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、投資成果を保証するものではありません。また許可なく複製・転記を禁じます。

 

■3193 鳥貴族
現在値 5800円 (2015.04.23)

投資戦略:買い推奨
推奨時の株価:4250円
推奨時からの上昇率:+36.47%

 
今月3日に有料会員向けに買い推奨した鳥貴族(3193)が目標株価を達成しました。目標株価達成後もグングン値を上げ、推奨時からの上昇率は+36.47%となっています。
 
先日人気TV番組「カンブリア宮殿」で同社が取り上げられたことから、いったん材料出尽くしの動きとなりましたが、22日には出来高を伴って再び上昇してきています!
 
ホルダーの方、おめでとうございます!!
 

 

■3778 さくらインターネット
現在値 1310円 (2015.04.16)

投資戦略:買い推奨
推奨時の株価:927円
推奨時からの上昇率:+41.32%

 

3月20日に有料会員向けに買い推奨したさくらインターネット(3778)が目標株価を達成しました。これで推奨時からの上昇率は+41.32%となっています。
 
推奨後、いったん株価が調整する場面がありましたが、その後新たなクラウドサービス開始の発表などにより短期資金が買いに向かい、見事2011年2月につけた1053円をクリアしました。
 
ホルダーの方、おめでとうございます!!
 

 

■3299 ムゲンエステート
現在値 2497円 (2015.04.09)

投資戦略:買い推奨
推奨時の株価:2170円
推奨時からの上昇率:+35.81%

 
1日に有料会員向けに買い推奨したムゲンエステート(3299)が目標株価を達成しました。推奨時からの上昇率は+35.81%となっています。
 
活況な国内の不動産投資に加え、大和証券が3月25日付で発表した「新年度を担う厳選発掘」と題した中・小型株レポートで、同銘柄を注目銘柄として紹介していることも材料視されているようです。
 
ホルダーの方、おめでとうございます!!
 

米系外資系証券でトレーダーとしてキャリアをスタート、その後東京と香港に拠点を持ち日本株のロング・ショート運用を手がけるヘッジファンドに移籍し、アナリストとして日本円で100億円以上の運用に携わる。


続きを読む

↑このページのトップヘ